Loading...

2008年04月06日

Google MAPS APIのすすめ

簡単Google MAPS API

昨日、ドコモのアプリ配信、グーグル主催のGoogle マイマップEXPOも開催されるなど、さらに認知度を高めるGoogleマップ。
特にマイマップ機能は簡単に地図を作れるということで、かなりレベルの高いマイマップが誕生しています。
しかし、作ってみると、機能面で制限があり、「これをやりたいけど、できない」「もっとこうしたい」という欲求がでてきます。

その欲求をかなえてくれるのが、Google MAPS APIということになります。

「API?難しいのでは?」と思う人もいるでしょうが、これが非常に簡単。プログラムの知識がなくても、地図APIが作ることができます。

●まずはAPI keyを取得。Google マップ APIへ登録

●登録をしたらサンプルコードに自分のAPIキーを貼り付け。Hello world

公式サイトの座標位置はカリフォルニア州パロアルトになっているので、何も変えていないならカリフォルニア州パロアルトが表示されていると思います。

地図を表示させるだけでは面白くありません。ここで簡単にマイマップをAPIへ移植する方法を紹介します。

HTMLの参考ソースはGoogle公式のサンプルを使ってください。http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/examples/geoxml-kml.html

@Googleマップへアクセス
A自分のマイマップを表示。

自分のマイマップが表示されたら、Googleマップ右上のCi080406201548.jpgをクリックすると、マイマップ
がkml形式でダウンロードされます。
ファイルに任意の名前をつけて、HPスペースのフォルダにアップ。

・geoXml = new GGeoXml("http://mapgadgets.googlepages.com/cta.kml");
をアップしたパスに変更。http://tokyocoffeemap.googlepages.com/shinjuku.kml
・座標を修正 map.setCenter(new GLatLng(35.658517,139.701334), 11); ※渋谷駅の座標です
・API キーを自分のものと変更。

完成マップ 東京コーヒーマップ渋谷 ※こんな地図が簡単にできます。


※自分のマイマップがなければ、別のマップでもかまいませんが、webに公開するのならば、自分が作成したマップを使って方が倫理的に宜しいと思います。



記事

タグ:Google Maps API
posted by tellbeen at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。